犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

自分自身を認識するきっかけにEQテスト

「EQテスト」と検索をすると、いろいろ並んでいますが、だいたい同じようなテスト内容になっています。それが無料で出来る上、このテストの結果を見て、「いやっ、分かってたし、知ってたけど、こうやってハッキリ言われると、認めざるおえない」という感想が出ます。

私の場合は、そんな感想でございましたが、人によっては、「そうなんだぁ」となる可能性もあります。このネタを持ってきてくれた旦那は、自分に無関心なのですが、面白いかと思ってとプリントアウトして、結果を持ってきてくれました。とても当たっているというか、その内容がどういうことなのかという解説を、内容を読みながら、つらつらとしました。

ただの好奇心で、私もやってみようと思い、やった結果、旦那とは共通する部分もありながら、正反対の部分もあり、面白かったので、お互いを認識し合うのにも利用できるかもしれません。

 

EQテストの目的が書いてあるサイトがあったので、ご紹介します。

これは、これまでの自分を“自覚”し、今、目標とする自分に駆り立てるために“意図”した選択をし、これから、自分も相手も共に活かすための“目的”を探していく道筋を明確にするプロセス・フレーム・ワークです。このプロセス・フレーム・ワークを推進し、EQ能力を開発するために、個々が意識し、具体的な行動として、日々の仕事やプライベートな生活のなかで実践していくファクターが8つのEQコンピテンシーです。「何を」「どのように」「なぜ」を問いかけ、実行していくのか。EQアセスメントの結果は、自分らしいリーダーシップの発揮やキャリア形成に向けての確かな手がかりとなるはずです。

このテストパターンの私の結果は、ほぼ100までのモノが多かったのですが、「ノーブルゴール(自分の道標となる目標)の追求」だけが半分となっておりました。

この内容は、「日々の選択を、自分の強く大きな目的と結びつけること」です。はい。そうなんです。私は、目標がハッキリしていながらも、その目標に直進しない。そして、人の目を気にする、その機会を後にしてしまうという傾向があるのです。

ゲームでもクリアしそうになると、やめてしまったり、100点取れるテストを、少し違う回答にして100点にしないようにしていたり、あえて遠回りをしたりする自分がいるのは分かっていました。

ゴール、目標を達成した先には、また新たな目標が待っているというのに、その目標を達成してしまったら、もう終わりみたいな恐怖が私の中にはあるのかもしれません。

やりたいことがいっぱいあるのに、それに集中して終わらせていけないというのが、私の中での課題であって、もう達成しないといけないという焦りがあるので、それに残りの人生は捧げてもいいのではないかと思うようになってきたので、意識は変わってきましたが、まだ本気が出せていません。分かっていたことですが、再度自覚させていただきました。

 

また、別のEQテストでは、ストレスに適切に対処する力の測定がありまして、ストレスの原因をどのように受け止め、対処するかによって、健康に及ぼす影響までもが明らかになるというもので、3点だったのですが、これは、「仕事や人間関係の様々なストレスに対処するのがやや苦手です。気分転換がうまく図れない事もあります。」ということで、これは、人よりも人付き合いが上手くやれているとは思うのですが、ストレスを感じているのは、分かっていました。

職場でも、人間関係で何かあると、その日が終わるまでは、自分の気持ちと向き合う時間が発生します。ある程度、どうすれば良かったのかと、考えがまとまらないと、ストレスが解消されない場合があり、頭から離れない時は、それに集中しようと思うほどです。ですが、飲み会などの人と集まる際にも、ストレスを感じているようで、どうしても、解散した後に、アイスなどの食べ物で発散したくなっている自分がいます。仕事が忙しくて、同じ時間働いても、疲労度が違ったりすると、仕事のせいにして、「今日は何もしたくない」ってなるときがあります。そして、それが金曜日だと、土曜日まで引きずってしまうことがあります。「いいだろう」と、余計にできなくなってしまって、何もできなかったことに、後悔することもあります。すぐに忘れて、平日はしっかりできる傾向があるのですが、その切り替えが下手であることは確かです。息抜きと、オンを上手くスイッチングできれば、最高の人生を送れるような気がします。

気分転換が上手く図れないというところが、私が対処すべきところで、どうでもいい、混雑している電車であったり、飲み会、日々の生活の中で感じるストレスに対して、定期的にストレスを発散する必要があるということです。

以前にストレス発散の記事を書きましたが(食べるモノでストレスを軽減できる他)、そういえば全然実践できていませんでした。100考えたのに、実行していなかったら、意味がありません。早速今日からやってみたいと思います。1時間に1個できることをやって、気分転換ができて、自分のやりたいことに、より、集中することができれば、そんないいことはありません。

 

この2点の内容を考えてみると、目標を達成できないのは、ストレスのせいにしていたことも、明らかになりました。

EQテストありがとう!

 

<やってみたEQテスト参考>

EQ適性検査

あなたのEQ(感情をコントロールする力)を診断します。

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP