犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. イタリア

ヴィーガン・レストラン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

13:30から開店するヴィーガン料理が食べれるレストランが、イタリアにありました。いったことのあるイタリアはレッジョ・エミリアしかないので、中心街の少し外れにあります。

上のメイン料理は、ミドリの野菜ペースト(バジルではなかったような気がします)、グリーンピースも和えてあります。パスタの種類が、貝の形をしているタイプなのですが、こんなにミドリ色の中にあると、どうしてもダンゴムシに見えてしまう自分がいます。

 

味は、自然の味を生かしていて、濃くない味付けでしたので、毎日でも来たいと思ったほどです。ですが、量が多いです。女性が多めのお店のようですが、男性分くらいの量があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コップのデザインもこだわりが見えまして、カフェ・マキアートも美味しかったです。

 

定員さんは、男性が1人、そして帰ろうと思った時に、このお店のシェフがいました。

こちらの記事「レッジョ・エミリアの保育園は、建築から美にこだわって造られている(インタビュー・レポート)」で、インタビューに応じてくれたペタゴジスタの方と、同じような見た目だったことを覚えています。

なんと表現したらいいのか難しいのですが、トムクルーズが主演している『マイノリティ・リポート』に出てくる、確か未来が見える3人の女性が溜まった水に浸っていて、その3人の女性の見た目が、坊主だったんですが、その雰囲気に似ています(アガサという名前の方がいたと記憶しています。私の記憶はあてにならないので、スミマセン)。

自然食ばかり口にしているからなのか、とても無垢な印象で、私が出会ったペタゴジスタの女性と、レストランのシェフも、坊主でした。

そんな女性が作る料理だから、自然な味が生かされ、最低限の味付けだったのだと納得がいくシェフの見た目でした。

 

レストランの内装もこだわりがありますので、ご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめから、グラスがセッティングされていまして、ワイングラスも用意されているので、ワインを昼から飲むのが一般的なのかもしれません。私は飲みませんでしたが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レトロなアイテムがあることで、懐かしい雰囲気がありますが、清潔で、整頓された配置があるのと、シンプルだけど癖のあるライト、写真が飾られている(写真のイベントが街中で開かれていた時期なので、その作品なのかもしれません)ので、洗練された空間となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本があまりあると、光があまり入らなくなるからなのか、ぎちぎちにモノを配置していないのかもしれません。レトロなモノが多いので、こだわりが見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

窓際にも、カウンター式の席がありまして、おひとり様などが、そちらに座るようです。

今、外にも席があるのだと、気がつきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは、お手洗いになります。

鏡が、大小様々な形、配置で構成され、固定概念を覆してくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、ちょっと面白いのが、スカーフが既にかかっているというインテリアです(カバンは私物です)。

誰か、忘れたの?とは、一切思いませんでした。これは、インテリアです。

誰かが住んでいるような印象にもしてくれるので、レストランというよりも、家にお邪魔したというような、おもてなしの気持ちが伝わってきます。

 

こだわりのあるお店は、また来たくなります。

今日は、何が食べられるのか?というワクワクと、懐かしさ、センスの光るインテリアも、充実感を与えてくれます。そんなお店が、日本にもあったらなと思ってしまいました。

 

<関連記事>

レッジョ・エミリアの保育園は、建築から美にこだわって造られている(インタビュー・レポート)

また食べたくなるスパゲッティの味

外観を守るイタリアの自動販売機

イタリアの最近記事

  1. ピッツァ・ピッツァ・ピッツァ

  2. ヴィーガン・レストラン

  3. 建築物の不思議

  4. イタリアの芸術にヌードが多い理由

  5. イタリア人の「市民」とは

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP