犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

SDGs 貧困をなくすには

SDGs を17の目標ごとにわかりやすく紹介したチラシ、SDGs シリーズ「なぜ大切か」【改訂版ができました】」という国連の記事について、内容を見ていきたいと思います。

2019年03月13日に公開されていましたが、実施としては、2016年1月からだったそうです。知っている人はどのくらいいるでしょうか。もう5ヶ月も経ってしまいましたが、今からでも、やらないよりはマシと思うので、知らなかった人も、知っていた人も、考えてみる機会になればと思いました。

「SDGs(エス・ディージーズ)」とは、世界を変えるための17の目標とされていまして、途上国、先進国も含めた世界中にいる1人ひとりに関わる取り組みとされています。

17の内容を認識してもらってから、それについて、どうしたら解決することができるのかを考えていけたらと思います。

 

目標1 貧困をなくそう

 

この内容について、分かりやすくまとめてくれているPDFがありますので、参考にご覧いただければと思います。

このPDFの内容から、ご紹介します。

まず、この目標ができた理由としては、

世界人口の 11%に当たる 7 億を 超える人々は依然として、極度の 貧困の中で暮らし、健康、教育、 水や衛生へのアクセスなど、多く の最も基本的ニーズを満たすた めに必死です。

それに加えて、

世界の最も豊かな 国々で現在、3,000 万人の子ども が貧困の中で成長しているから です。

 

生まれてから、今まで、日本に住んでいると、雨風を防ぐことができる家があって、お腹いっぱいにご飯を食べることができ、教育も高水準、衛生面でも、水道をひねれば飲むことができる水が出てくる環境で育っているので、世界を見ると、1日中水を求めて大きなボトルを担いで歩き回っている子どもを見ると、なんて恵まれた地域に生まれたのだろうかと、思わずにはいられません。

この間、有吉さんと、千原ジュニアさんがパイプ椅子に2人で座って、ほとんどVTRのTV番組だったのですが、世界のご飯を巡るのですが、貧困の場所を巡っていたと思います。中には、ゴミの山の中で暮らして、ゴミから使えるものを回収して、毎日いくらかのお金に換金してもらい、赤豆と、コメを買って、ゴミの中にあった資源でご飯を炊いて(火は、ゴミ山から自然発火した火種を使用しています)いました。しかも、危険な地域らしく、取材の後に、強盗が発生し、ナイフで2箇所刺されてしまったそうで、運よく病院に運ばれ、命に別状はなかったそうですが、医療費はそういった場合はタダになるのでしょうか。いろいろ不安になりましたが、日本にいる限りは、絶対にこんな環境で生活を虐げられることはないと思われます。

そうです。私たちは、本当幸せな生活ができていると、声を大にして言っていいと思います。

 

この貧困について、どうして広がっているのか、と言うことにも答えていただいています。

世界ではなぜ、これほど貧困 が広がっているのですか。

貧困には多くの側面があります が、その原因としては失業、社会 からの排除、さらには、生産性を 高めることを妨げるような災害、 疾病、およびその他の現象に対 する脆弱性が高い人々がいるこ となどが挙げられます。

この内容を見る限りでは、日本でも起こりうることではないかと、いや、もう起こっていることではないかと思うと、確かに、ワーピング・プアも存在し、シングルマザーだって、安心できる生活を送っていないのは現実の話です。

 

日本にいる人たちは、裕福な生活を送っている方なので、そういった方たちに向けて、次のようなことを教えてくれています。

私は貧しくありません。なぜ 他人の経済状況を心配する 必要があるのですか。

たくさんの理由がありますが、簡単に言えば、人間として、私たちの福祉がお互いにつながっているからです。不平等が広がれば 経済成長に悪影響が及び、社会的一体性が損なわれることで、政治や社会の緊張が高まり、場合によっては情勢不安や紛争の原因にもなりかねません。

同じ人間で、生まれた場所、地域が違っただけという、ただそれだけのことなのに、どうしてこんなに、人間の中に差があるのかということは、個人的にも、どうしてなのかと、歴史的に見ても、格差が生まれてしまうという起源があるのですから、格差がなくなった起源も作ることは不可能ではないと思います。国内でも発生していることなのですから、絶対に無視することができない問題であるということを、認識しなければならないと思います。

 

本当にこの目標は達成でき るのですか。

できます。経済学者ジェフリー・サ ックス氏の試算によれば、20 年 で全世界の極度の貧困に終止符 を打つために必要な費用は、総 額で年間 1,750 億ドル程度です。 この額は、世界で最も豊かな 国々の総所得を合わせた額の1%にも及びません。

不可能な問題なのでは?と思う方に対しても、丁寧に答えてくれています。

この試算の計算式を知りたいくらいですが、本当にその値段でいけるのであれば、いくらか、世界税のようなもので、集めることによって、解決することはできないだろうか。税という響きが、もしかしたら、日本にとってはマイナスなイメージがあるかもしれませんが、寄付という意味があるので、プラスに考えることができるのではないかと思います。

 

具体的に、何ができるのかということも、教えてくれています。

日本人は、何かを考えて行動することが苦手な人種であるため、こういった指南は、日本人にとっては、ありがたいことではないかと思います。

では、私には何ができるので すか。

若者の場合:

政策立案へ積極的に関わること で、貧困への取り組みを大きく変 えることができます。そうすれば、 あなたの権利が推進され、あな たの声が届き、知識が世代間で共有されるとともに、人々の暮ら しとコミュニティーの根本的な変 革を支えるイノベーションと批判 的思考が、あらゆる年齢層に促 されることになります。

政策立案者の場合:

政府は、貧しく、社会から隔絶さ れた人々に生産的な雇用と雇用 機会を作り出せる環境の整備に 貢献できます。また、貧困層に利 益をもたらす成長を促し、貧困を 削減する戦略や財政政策を策定 することもできます。

民間企業で働いている場合:

経済成長の原動力として、民間 セクターは、自らが作り出した成 長が包摂的なものであり、貧困 削減に貢献できるか否かを決定 づけるうえで、大きな役割を果た します。また、貧困層のほとんど が活動する経済分野、すなわち 零細・中小企業とインフォーマル・ セクターの企業に焦点を絞ること で、貧困層にとっての経済的機 会を増やすこともできます。

科学・学術界の一員である場合:

学術・教育界は、貧困の影響に 対する認識を高めるうえで、重要 な役割を果たします。科学は、貧 困を削減し、持続可能な開発を 達成するという課題に取り組むた めの新しい持続可能な手法、解 決策および技術の基盤を提供し ます。貧困に終止符を打つことに 対する科学の貢献には、目覚ま しいものがあります。例えば、科 学のおかげで、安全な飲み水へ のアクセスが可能になり、水系感染症による死者が減少し、衛生 状態が改善された結果、安全で ない飲み水や衛生施設の欠如に 関連する健康上のリスクが低下 しています。

私の場合は、民間企業者になりますので、会社単位で、何か取り組みができないかと、取り組むことによって、何かしら貢献することができるということですが、紹介してくれているのは、インフォーマル・セクターという提案ですが、これは、ウィキペディアでは、“これは発展途上国においての経済活動で多く見られる形式であり、貧民とされる者によって行われている。農村に住んでいた者が職を求めて都市部に移住した場合に、インフォーマルセクターという形式で働き生計を立てている場合が多い。インフォーマルセクターとされるような仕事は、店舗を持たずに路上で商売を行ったり、行商を行ったり、再生資源となるようなゴミを集めるなどといった形であり、従事している者はこれらで生活のための収入を稼いでいる。”本当に、この内容でなくてはならないワケではないと思います。

個人的には、仕事をしている間の子育て、乳母的な役割をしてくれる、ベビーシッターをしてくれる外国人の方などがいると、現在の日本とマッチングするのではないかと、思ってしまいました。もちろん、安月給ではなく、雇っている家庭からと、国からの補助などがあれば、実現はできるのではないかと、個人的には思っています。

そうです。国からの補助がどうしても必要であると思います。

 

また、各国にいる、仕事がなくて、物乞いをする方についても、何か仕事を提案、提供することによって、まちづくりにもなり、彼らの負の連鎖も断ち切ることができるので、それは、取り組む必要があると、個人的には、イタリアに行った際から思っていました(詐欺に遭遇しやすい日本人)。

考えれば、かなりできることはあるのではないかと思いますが、それを30年までにやらなければならないのですから、急がなければならないことは、よく分かりました。

みなさんも、一緒に考えましょう。

 

<関連記事>

詐欺に遭遇しやすい日本人

貧困(格差)は子どもにとって最も最悪な環境である

人間はドラマチックな世界が好き

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP