犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

瞑想の習慣

個人的な話で、「全然うまくいかない(その3)」「困った困った」から、習慣にしたいものを出していったのですが、それについて、振り返る必要があると思ったので、その機会を今回も受けます。

 

1)4月28日17:00〜7月28日17:00(3ヶ月間)

2)7月28日17:00〜10月28日17:00(3ヶ月間)

3)10月28日17:00〜2020年1月28日17:00(3ヶ月間)

4)1月28日17:00〜4月28日17:00(3ヶ月間)

1)マインドフルネスを習慣にする

瞑想を毎日行う。3ヶ月過ぎるまでDVDでやってみる。

2)水を1リットル以上飲む

健康診断にも書かれていましたが、私は水分が足りないそうです。

3)腹8分目

食べ物を食べ過ぎてしまうと、私の体質に合わないため。

これは誰しもが当てはまることだと思いますけどね。

4)激しい運動をする

アーユルヴェーダの考え方だと、汗をかくくらいの運動が必要とのことです。

だから、ヨガをしながら、瞑想をするということにしたいと考えました。

いつも、朝5時50分に起きていますが、5時30分にしてみて、シャワーの前にヨガと瞑想をして、6時までにそれを終わらせれば、いつもの生活を送ることができる。

しかも電車の中で、瞑想をする時間がなくなったので、すぐに、次にやりたいと思っていたことに取り組むことができる。

朝起きれなかったら、また違う方法を考えたいと思います。

 

まずは、瞑想を3ヶ月やってみました。

結果的には、朝起きることができて、シャワーの後にヨガをしないで、目をつむって10〜15分間ですが、瞑想をすることができています。

平日は、コンスタントにできていますが、やっぱり休日は起きる時間も違い、朝の動きも違うので、瞑想のスイッチを入れることができません。

ですが、まぁ、いいかとも思っています。休日は、やりたいと自然に思ったときにやることにしようと思いました。やる場合は、起きた後すぐに瞑想をするパターンが多いです。

そもそもですが、瞑想をすることで、かなりスッキリする感覚があり、平日は、瞑想をしたくて時間を作りたいと思うほどになったので、これはもう習慣化されていると思って大丈夫だろうと思いました。

 

次の習慣は、「水を1リットル以上飲む」なので、今現在は、朝起きて、すぐコップ一杯飲んでいる。寝る前にも飲んでいるときがあったのですが、寝ている間にトイレに行きたくなってしまって、睡眠時間が削られている感覚があるので、飲むのをやめたのですが、ちょっと思うことがありました。

ノルマを達成しようとしてしまって、いっきに飲んでしまうことが多々ありまして、そうするとトイレに行きたくなっている回数が多いような気もしていました。

1回の水分補給を2口と決めれば、この問題は解決するのでは思いましたので、1リットルのペットボトルを持ちたいところですが、恥ずかしいのと、家で500ml、職場で500mlにすればいいと思うので、この作戦で、どのくらい飲んでいるのか管理しながら、挑むことができます。

ここから3ヶ月の間、習慣にしたいと思います。

 

3の「腹8分目」についてですが、つい最近、糖質を摂ると、お腹が痛くなるような感覚があるので、糖質を摂る時には、少しにしようかと考えています。野菜多めで、たんぱく質、糖質の割合を8:1:1くらいにするのが、現在の自分にはいいのかもしれないとも考えています。食事を摂るとお腹が痛くなる(痛くならない時もあり、その規則性が、糖質ではないかと思われました)ので、少し怖くなってきてしまうと、食べれないという状態は避けたいので、ゆっくり、体の変化を感じながら、食べていきたいと思います。

 

実は、4の「激しい運動をする」は、もう始めてしまっていて、2ヶ月が経過してしまっていました。15分くらいの運動を週に3回することで、かなりストレスが発散され、かなり気持ちがいいです。勝手に続いている感じです。

しかも運動をすると、勝手に水を多く摂取するので、平気で1リットル以上飲むことになっています。まぁ、運動している時の水分摂取は、ノーカウントした方がいいとも思いました。

 

だいたい、10月末まで、この習慣を意識して行いたいと思います。

 

<関連記事>

困った困った

全然うまくいかない(その3)

人には人の瞑想方法

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP