犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. レポート

The Sims 4の不思議 その2

スクリーンショット 2019-07-20 12.21.40

たまたまアップデートされた時期に、アクセスしたようです(プレイ日は7月19日)。

詳しくはこちらをどうぞ→「アップデート:2019年7月16日

 

プレイをしていて、気がついた不思議を紹介します。

スクリーンショット 2019-07-20 13.10.22

服装を選ぶ時に、コーディーネートがセットされている選択欄があり、寝る時の服装部分のひとつに、「だぴょん」がありました。これは、直訳ではないというのが分かりますが、古い感じもします。翻訳している人は、日本人ではないのか?それとも、その年齢の人なのか?このセンスが気になります。

 

スクリーンショット 2019-07-20 18.16.44

シャワーだけではなく、お風呂に浸かる時も、服のまま入っているのを目撃しました。

 

スクリーンショット 2019-07-20 11.37.41

シャワーネタが多いですが、この男性は、住人ではなく、ただの知り合いが勝手に入って、断りもなくシャワーを使っているという状況が発生しました。

特にこの人は、馴れ馴れしく、定期的に訪れる人です。もしかしたら、この人は、そういう人として設定されているのかもしれないと思いました。特に、誰ともくっつくような選択もしていません。

しつこい奴って感じです。今度断ることをしてみたいと思います。

でも、電話で遊びに行くからという連絡もなく、アポなしでスッと入ってくるので、入ってくる前などに、「出て行ってもらう」をチャレンジしてみようと思います。

 

スクリーンショット 2019-07-20 12.01.15

例の彼は、いちばん右側の人です。

 

スクリーンショット 2019-07-21 11.38.14

カメラごしの彼です。

ちょっとしたホラーですね。

今プレイしているのは、5人での同居生活をしていますので、これが1人だったら、恐ろしいです。

 

<関連な記事>

選択の価値観は国の違い?

The Sims 4の不思議

テレビゲームは、むしろ教育的に好影響である説

 

<該当商品>

「The Sims 4」PC版 – EA公式サイト – EA.com

「The Sims フリープレイ」をApp Storeで – Apple

The Sims シムズ ポケット – Google Play のアプリ

レポートの最近記事

  1. 未来の自分を表すコーディネート

  2. 年俸だけが、夢ではない

  3. 渋谷のアーティストを支援する街へ

  4. ファスティング後の回復期

  5. 自炊をするという自己投資

関連記事

コメント

  1. Thanks for sharing such a fastidious thought,
    article is fastidious, thats why i have read it fully

    • 貴重な意見をいただきありがとうございます。ついにこの時が来てしまったと思っています。決して貶しているわけではなく、日本ではあり得ないことなどが、個人的には面白く、この記事を書いてしまいました。このソフトはアメリカ発となっているので、アメリカの感覚なのではないかとも思いながらも、このソフトのアルゴリズム、設定、理想の人生などを知りたいという個人的な願望があり、それを知りたいという思いで記事をあげていました。
      私は日本に生まれ、日本で育っていることで、他国の文化や習慣に興味があります。私の恐れていることは、自分は良かれと思っていることが、他国では傷つけてしまっていることが発生してしまうこともあるかもしれないと。そういったことがあるならば、改めなければならないと思っています。勉強不足なのは否めません。もし、傷つけてしまったのならば、申し訳ございません。
      もし、ユーモアが足りなすぎるという意見であれば、私自身に足りていないことですし、ユーモアのある人生は、周りの人の人生もバラ色にしてくれると思っています。そういったアメリカの文化は、日本は尊重しなければならないと、個人的には思っています。
      いろいろ不足していることがあり、それが、vintagehouserestaurant.comさまの癇に触ってしまったのなら、申し訳ございませんでした。そして、改めて貴重なご意見、反省の機会をいただいたことに、感謝申し上げます。
      誠に勝手ながら、vintagehouserestaurant.comさまのサイトを拝見いたしました。個人的な話になりますが、私は現代的な場所も刺激的ですが、ビンテージな空間の方が気持ちが落ち着くので、もし旅行をした際には、ビンテージな空間を選択することが多いです。写真を拝見しても、重厚感がありながら、安らぎを感じさせる空間になっているので、まるで我が家に帰って来たかのような感覚で、いただくお料理も家では作れないような贅沢な内容にお見受けしたので、総合的に贅沢な時間を過ごせるのではないかと想像いたしました。シムズでもこんな空間が作れたらと思ったほどです。せっかくなので、このブログを見てくださっている方にも、知っていただきたいので、宣伝させていただきます。
      V I N T A G E H O U S E(vintagehouserestaurant.com)

  2. Hi, the whole thing is going well here and ofcourse every one is sharing facts, that’s genuinely fine,
    keep up writing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP