犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

困った困った

全然うまくいかない(その3)」の習慣の目標から、2ヶ月くらい経ちました。

実際に、目標に沿って行動をしています。

はじめの目標は、瞑想を習慣にさせたいので、毎日、瞑想をしていました。

正確には、平日は習慣になっています。

その習慣をするためのスイッチ(きっかけ)が、電車に乗ったらということになっているので、休日は、電車に乗らなかったら、スイッチが入らないので、「やらなきゃー」と思ってやらなければならないということです。

だから、この電車に乗らないと瞑想をしないということでもいいのでは?と思い、休日は、電車に乗った時だけ瞑想をするでもいいのではと。

 

困ったことに、この習慣が身につくと、ちょっと違うことに気が付いたんです。

私の手に入れたい習慣はこれではないと思ったんです。

休日こそ、瞑想をやらなければならないのに、できていないんですから。

 

だから、この習慣を変えるのではなく、きっかけとなるスイッチを変えなければならないと思ったのです。まだ3ヶ月経っていませんが、見直しをするべきであると思いました。

 

現時点で、いつも行う習慣の中に入れこまなければならないので、朝起きて、まず歯を磨きます。なぜかというと、水を飲みたいからです。それから水を飲んだら、髪の毛を洗うためにシャワーをします。でも、このシャワーは、平日だけです。だから、水を飲んだ後に瞑想することにすれば、決まった習慣にできる。

ただ、休日は時間があるが、平日は、朝瞑想をする時間がありません。

ということは、いつもよりも、早く起きなければならないということになります。

しかも、朝、起きてからしばらくで、瞑想をすると寝てしまいそうで心配になります。ここで寝てしまったら、瞑想をする時間も寝た方がいいとインプットしてしまいそうなところです。

 

だから、ヨガをしながら、瞑想をするということにしたいと考えました。

いつも、朝5時50分に起きていますが、5時30分にしてみて、シャワーの前にヨガと瞑想をして、6時までにそれを終わらせれば、いつもの生活を送ることができる。

しかも電車の中で、瞑想をする時間がなくなったので、すぐに、次にやりたいと思っていたことに取り組むことができる。

 

朝起きれなかったら、また違う方法を考えたいと思います。

 

<関連記事>

全然うまくいかない(その1)

全然うまくいかない(その2)

全然うまくいかない(その3)

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 8月 12日
    トラックバック:瞑想の習慣 – Maria & Marianne
PAGE TOP