犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. イタリア

イタリアの芸術にヌードが多い理由

イタリアの芸術は、どうしてヌードなのかと。その答えが、『イタリア現代思想への招待 (講談社選書メチエ)』に載っていました。

 

“起源の神話をめぐるギリシアとローマの違いは、「裸性(ヌディタ)」をめぐる両者の違いにも反映している。ギリシアにおいてヌードは、衣服の下に見出される裸の真理であり、それゆえ「裸性」には美的でかつ倫理的な価値が与えられた。

これにたいしてローマは、裸性そのものにではなく、衣服と肉体との互換性のうちに意味を見いだす。肉体は衣服に包まれることで、その存在本来の官能性をあらわにする。

ヴァールブルクやフロイトを虜にした、ニンフや「グラディーヴァ」の表象がそうであるように、肉体は衣服とともに波打ち、ひるがえる。イタリアのモードの卓越性とエロティシズムの特異性は、この互換性のうちにこそ成立しているのである。” p.176

 

同じようなヌードの美術作品だと思っていましたが、国によって、考え方が異なっていました。国が違えば、考え方も違うと、それは考えれば、当たり前のことなのですが、こんなふうにハッキリとした違いがあるとは、知りませんでした。

この考えの違いが、ファッションにも繋がっているというのも、興味深い内容です。

古代からの歴史、文化が、今まで引き継がれ、現代でも形を変えて生きているということになります。そう考えると、イタリア製のブランドが多いこと、そして、それが長年に渡り賞賛されていることなども、頷けます。

 

イタリア語の勉強をしたと思って、イタリアの映画をイタリアのDVDショップで探しても、なかなか見つかりませんでした。やっとのことで見つけたDVDを、イタリア語字幕、イタリア語で見て(もちろん、内容は全然分かりません。今見たら少しは分かるかもしれませんが)、エロティシズムが多くあります。

ただ、その表現は、日本とはまったく異なります。

日本では、濡れ場として、暗く演出されたり、通常のシーンとの切り替えがハッキリしていますが、イタリアの映像では(数本しか見てないので、全体の何%がそうであるとかは分かりません)、切り替えなく、自然にナチュラルに人の裸や、エロティシズムが登場します。

裸に関しての考え方が異なるのだと、痛感させられます。

恥ずかしいものでもなんでもなく、その人自身の魅力として捉えているのではないかと思います。

 

レッジョ・エミリアに行った際に、街で行われる子どものための祭りである、レッジョ・ナラがあったのですが、同じ時期に、博物館と美術館が一緒になっている場所があり、しかも、誰でも無料で入ることができます。その場所で、ナイトミュージアムがありました。

いつもとは異なり、くらい演出がされ、テーマが毎年(他のミュージアムも共同で行っているようです)異なるようで、今回はエロティシズムでした。

 

流石に、子どもの姿は見られませんでしたが、美学の中のひとつとして、このエロティシズムがあるようです。様々な表現で、このエロティシズムが、展示されていました。古代からだと、想像がつかないほど、直接的な表現なのかもしれませんが、このエロティシズムは、人間の欲求であり、美しいものであると、受け入れていないのは、日本に生まれて、固定概念があるからかもしれません。

受け入れれば、世界は広がると思います。

 

<関連記事>

教育者も美しくありたい

レッジョエミリア市内にある保育園のほとんどは、レッジョ・アプローチで代表的な道具を使っている

時代に合わせて適応させていくのは人間のアイディア次第

イタリアの最近記事

  1. ピッツァ・ピッツァ・ピッツァ

  2. ヴィーガン・レストラン

  3. 建築物の不思議

  4. イタリアの芸術にヌードが多い理由

  5. イタリア人の「市民」とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP