犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

ひとりでは自分の姿は分からない

イノベーション・オブ・ライフ ハーバード・ビジネススクールを巣立つ君たちへ』では、ハーバード・ビジネススクールの教授が、人生が手遅れになる前に、言っておきたいことを書き留めた本です。

 

”難しいかもしれないが、このプロセスでは自分に正直になろう。自分を変えることは難しいものだし、今していることをそのまま続ける方が簡単な気がする。だがこの考え方は危険だ。問題に向き合うのを先延ばしにしていると、何年も経ったある朝、鏡のなかの自分をみて、こう思うことになる。「わたしはいったい何をしているんだろう?」”p.68

自分に合っている、幸せな人生を送るために、一体どこに進めば、その道に進めるのかというのが分からない人もいると思うので、そんな方には、著者は、人生の窓を開け放しておくことをすすめています。

状況に応じて、様々な機会を試し、方向転換し、戦略を調整し続けることによって、「これは自分がやりたいことではない」「これは自分がやりたいことかもしれない」など、自身が求めているものが、漠然ではあるが、見えてくることがある。

そして、ぴったりな仕事が見つかれば、ピンとくると、著者は述べています。

結婚する相手に会うと、ビビッとくるとよく言われますが、ぴったりな仕事でも、同じようなことが起きるという感じなのかもしれません。

それが、ピッタリな仕事であるかは、やってみなくては分かりませんし、現段階で、この世にない仕事であれば、自分で作り出すしかありません。

また、自分で、自分のことを分かっていない場合も考えられ、周りの人から、「これが合ってると思うよ」など、すすめられたら、騙されたと思ってやってみるのも、手かもしれない。

仕事をしていて、なんか違うんだよなぁと思った場合には、周りの人に意見を求めるのも、アリではないかと、個人的には思います。

個人的な話になりますが、わたしの髪質は、どストレートで、癖っ毛の人や、美容師の人から羨ましいがられます。一度、髪型をボブにして、その髪型が一時期定番化してしまい、そして、ずぼらなわたしは、そのまま伸ばしっぱなしとなり、ロングのストレートヘアになることが多々ありました。

そして、鏡の前で、なんかしっくりこない髪型なんだよなぁと違和感を感じていると、旦那が、モジャモジャにしてみなよ。絶対似合うよ。とアドバイスしてくれて、なぜかそれを、じゃあやってみるかと図に乗ってやってみると(ロングのスパイラルとツイストになるので、半日かかりました)、今まで生きてきた中で、一番似合う髪型と出会うことができました。

自分が一番、自分を分かっているつもりでも、灯台下暗しという言葉があるように、見えていないこともあります。自分でそれを見つけようとすると、固定概念があったりするので、周りに聞くというのは、案外、近道なのではないかと、個人的には思います。

 

人は1人では、生きていけないと、よく言われていますが、他の人と出会うことで、自身を知るということになりますし、1人でいると、心が病んでしまったことも、自分で気がつかないことがあります。1人では限界があることもある。だから1人では生きていけないと、個人的な意見としてはあります。自分を知るためにも、人との関わりは重要であると思います。

要するに、先延ばしになっている自分のやり遂げたいこと、問題に向き合うのは、何も1人でなくてもよいということです。そう考えると、あまり相談をすることがない私にとっては、気がラクになった気がします。

 

<関連記事>

自分の動機づけに素直になってみる

バラ色の人生を送る方法

思っているだけでは体験装置でゲームをしているのと同じこと

本の最近記事

  1. 何もしないことは後退している

  2. 顧客満足度100%を目指す

  3. 恩を返したくなるメカニズム

  4. サービス、商品の値段の決め方

  5. 同じ商品でも店舗によって違って見える

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6月 12日
  2. 2019年 6月 22日
PAGE TOP