犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

食べるモノでストレスを軽減できる

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』では、食べるモノによっても、ストレスを軽減することができると書かれています。

どんなモノを食べた方がいいのかというと、地中海料理が進められている。

基本的には、いつもより野菜とフルーツの量を増やし、魚と脂肪が少ない肉をしっかり食べることを心がければOK。

日本では全粒粉のパンやパスタは手に入りづらいので、玄米を使うか、サツマイモやタロイモのように、優良な食物繊維が豊富なイモ類を主食にしていくといいでしょう。

めちゃくちゃ難しい内容ではないので、今までの食事を見直すだけで、ストレスに強くなりそうなので、今日からでも試すことができそうです。

また嬉しいことに、食事は、しっかり味わいながら、楽しみ、カロリーを気にせずに好きなだけ食べるのがポイントなのだそうだ。

この考えは、最高じゃないか。

私たちは、いつの間にか、カロリーだのを気にしてしまいながら、パソコンをしながら、テレビをみながら食事をして、家族と食事を囲む機会も少なくなってしまい、ご飯を心から楽しむことを忘れてしまっているという、悲しい毎日を送っていたのだと、気付かされました。

 

また、ストレスに強くなるためには、食べるのを避けた方がいい食材があるということなので、紹介します。

1.酒(ただし、ワインなら1週間に300mlまでならOK)

2.精製された炭水化物(理由としては、食物繊維が十分に含まれていないからだそうだ)

3.お菓子(カカオ70%のチョコレートを1日ひとかけならOK)

4.揚げ物(酸化した油が体内の炎症を起こし、脳機能の低下になるため)

5.ファストフード(揚げ物と同じくらいの作用がある)

6.加工肉(添加物がたっぷり入っているため)

7.清涼飲料水(人工甘味料などがたっぷり入っているので週に3本まで)

 

これらの食材を減らすだけで、3ヶ月くらいで、脳のダメージが軽減され、頭の働きが良くなっていくので、体がストレスを受けないことになるということだと思います。

腸内環境を整えるということにも関係しているようなので(腸に合わせた生活リズムにする腸がよろこぶ食品)、ストレスも軽減されていくのであれば、やっぱり食べるモノというのはとっても重要であるということは、いろいろな面でも理解することができます。

 

<参照・関連記事>

超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

五感を使うことでストレスが解消される

太陽を避けると正気ではいられない

観葉植物でストレス解消自動システム

 

 

 

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 7月 10日
PAGE TOP