犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

かなり楽になってきたような気がする

楽しむことが 、いちばん大事」「全てがストレスに感じてしまっている」から、日々のストレスなどを解消するために、瞑想をするように習慣づけるようにしています。

瞑想をする時間も決めまして、平日の午前中(電車の中で5分〜乗り換えの駅まで)、夕方(帰りの電車の中で)に行い、ソワソワ感が夜まで残ってしまう場合には、寝る前にも瞑想をするようにしました。

意識的には、それだけなのですが、それ以外のことに、早速影響が出てきました。以前は、やりたいと思っていることを詰め込んでいた状態から解放され、効率的に物事が進むようになったような気がします。実際に効率的になったかどうかは数値的には分かりませんが、感覚的な話です。

 

1日にやり遂げたいと思っていることを10個あったとしたら、そのうち2つは絶対にやり遂げるというような形にすると、集中することができるので、むしろ達成率が上がりました。

ただそれだけなのですが、かなり楽になったような気がします。2個にすることで、気持ちの余裕が生まれて、次は何をしようかと考える楽しみができました。

 

もしかしたら、今までは、10個のことをやらなければならないということに気を取られてしまって、ひとつひとつのことに対して集中して取り組むことができない状態だったのだと思いました。

やりたいことをやっているはずなのに、ストレスをすごく感じてしまうということに対してもストレスを感じるという、最悪の状態から解放されたことは、ものすごく嬉しいことでした。

もし、同じように苦しんでいる人がいたら、是非とも、その苦しみから解放されて欲しい気持ちです。

 

私自身の悩みはもうひとつあり、平日は、仕事の影響で、パターンが決まっているから、何かの行動をした後に、習慣にしたいことをするということがスムーズにできるのですが、休日になると、それができなくなるので、悩んでいます。

おそらくですが、平日、いつも起きている時間に起きていないということから、狂ってしまっているのではないかとも思うと、休日だけは、もう少し寝たいなという気持ちのままに寝ていたいと思うのですが、それをしてしまうと、狂ってしまうので、毎日、しっかりと睡眠を取らなければならないと反省しています。

 

ですが、これをしてしまうと、いつもと違ったことをする時に、ストレスになってしまうのではと考えられます。いつも同じということも、ストレスになってしまうのですから、このバランスを図るために、瞑想をして1日を始めれば、落ち着いて1日1日を大切にできるのではないかと思っています。

まずは、着実に進めて行こうという感じです。

 

あとは、楽しみながら進めていこうという意識も働きまして、その気持ちもあって、楽しい日々を送れるようになったのかもしれません。

具体的には、

料理をするために、新しい料理をする。

料理を少量、皿に持って、味わいながら食べる。

血糖値を下げるために、運動を兼ねて家の掃除をする。

不思議と、掃除をした後の方が、やりたいことへの取り組みがスムーズだったりします。

このやりたいことというのも、あらかじめスケジュールで決めているのですが、その時の気分で変えることもあります。考えている時間が勿体無いと思ったので、スケジュールを決めるのも、ストレス解消となっています。

 

そんな感じで、大きなストレスから解放されているので、ちょっと若返ってような気さえします。同じ人生でも、こっちの方が幸せのような気がしています。

 

<関連記事>

楽しむことが 、いちばん大事

全てがストレスに感じてしまっている

人には人の瞑想方法

全然うまくいかない(その3)

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP