全てがストレスに感じてしまっている

自分がやりたいと思っていることを実行するために、「全然うまくいかない(その3)」で、習慣化をせることによって、挫折することなく目標を達成することができるという計画を立てたのだが、環境が変わると、すっかりと忘れてしまっている自分が現れました。

また、休日の過ごし方としては、やりたいことがたくさんあるはずなのに、全然それに手をつけられずに、仕事が忙しかった反動で、何もしたくなく、この10連休もほとんど動画を見て過ごした記憶しかない。

考えてみると、平日から帰ってきて、一休みしたいなぁと思った時には、動画を見ることが多く、気がついたら動画を見ながら作業をしているという状態になっている。

これでは集中して作業ができていないなぁ、ということに対してもストレスと感じており、作業が進んでいないことにもストレスを感じてしまっている。

要するに、平日も、休日もストレスを感じて、それでいて、やりたいと思っていることなのに、やりたいことができていないという最悪な状況であるということが、冷静に考えると分かる。

やりたいことができないのは、仕事のせいということにしているが、実は、この仕事のせいにしてしまっているのもストレスになってしまっている。

どんな不測の事態が起きても対処することができる、疲れない体になれたらと思い、食べ物、そしてメンタルを鍛えなければならないと思う日々なのだが、その計画がうまくいっていない。

自分の不甲斐なさに対して、責めるような気力もない。自分のせいにしたとしても、それは根本的な解決にならないという気持ちの方が強いので、自身のメンタルがやられることはないのが、唯一の救いかもしれない。

 

要するに、計画の立て方が、間違っているのではないかという結論に達した。

瞑想をまずは習慣化したいので、それを3ヶ月続けていくということが、初めの一歩としている。他に意識したいことがあり、それを叶えようとすると、疲れている自分がいる。

ひとつのこともできないような状態になっていることが分かった。

 

ひとつ意識をして、それが定着したら、もうひとつという具合でないと、できない状態に対してストレスになってしまうということが分かった。

それ以外のことに関しては、楽しんで達成できる工夫ができればいいのかもしれないと、気楽に考えるだけで、私の中では、抱え込んでいたストレスが一気に解放されたように、体が軽くなった。

他のことというのは、運動や、食事のことだ。

具体的には、また次回にしたいと思います。

 

<関連記事>

観葉植物でストレス解消自動システム

人には人の瞑想方法

ダイエットではなく、健康的になりたい

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です