犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. イタリア

お食事は優雅にお外で

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アトリエは、ある程度の広さも必要である」の続きとなり、nido guastallaのお食事の様子になります。

この日は、お外でお食事をとっているクラスがありました。

メニューは、ジェノベーゼパスタです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この食事の際に、テーブルクロスだの、お水の準備だのは、準備ができる子どもがお手伝いをするというのが、日常になっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子どもたちは、家庭でマンマが、ごはんをよそってくれているのを、待っているかのように心待ちにしている様子です。

イタリアでは、一度に用意をした料理を一度のタイミングで出されません。場所もないというのもあるかもしれませんが、その料理に集中することができ、ごはんを提供する方も、食べてもらっている間に準備ができるという利点もあります。おそらくは、全て美しく見せたいというのが、文化としてあるからではないでしょうか。

皿がたくさん必要になることは間違いありません。

パスタを先に提供するという理由が今だによくわかっていません。

 

みんなが、みんな外で食事をとっているわけではありませんが、こうやって外で食べる日もあるということです。外は日陰であればとっても気持ちがいいので、みんな食べたらいいのにと思うほどです。

イタリアに限らず、日本の保育園もです。

 

<関連記事>

アトリエは、ある程度の広さも必要である

nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜

nido guastallaの内部〜光を調整できる環境づくり〜

クジラ型保育園(nido guastalla)の内部〜給食室〜

 

 

イタリアの最近記事

  1. ピッツァ・ピッツァ・ピッツァ

  2. ヴィーガン・レストラン

  3. 建築物の不思議

  4. イタリアの芸術にヌードが多い理由

  5. イタリア人の「市民」とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP