犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 健康

全然うまくいかない(その3)

ストレスによって、自分のやりたいことができないということが分かり、そのストレスに対しての向き合い方が分かったところで、具体的にどのように行動に起こしていけばいいのかを考えて行きたいと思います。

 

私がやりたいことは、この2つに書いてあります。「ダイエットではなく、健康的になりたい」「カパタイプは野菜中心で油少なめの食生活

このやりたいことを達成するためには、この意志力を維持させる必要があります。少しずつ、目標をあげていくことで、その状態が普通になり習慣化させるためのスケジュールを組みます。

以前「小さな習慣の積み重ねが、大きな偉業を達成する」には、習慣と言えるまでの期間としては、“この習慣という考えで、行動を定着させるのに、まずは、3週間続け、次に、3ヶ月続けることで、意識することから、習慣となり、定着するのだそうです。”ということだったので、3ヶ月のスケジュールを焦らずに立てて行きたいと思います。

できれば11月には、13kg減量したいと思っていましたが、痩せることが目標ではなく、健康的になることが目標になるので、これは結果的に13kg痩せていたらいいなという具合にしておきたいと思います。

 

欲張ることで続かなくなるということなので、焦らずに1つずつクリアして行きたいと思います。今日は、4月28日となりますが、今日もピザを頼んで食べてしまったが、今から意識をして行くということで、キリが悪くても始め、3ヶ月を目安とします。

 

1)4月28日17:00〜7月28日17:00(3ヶ月間)

2)7月28日17:00〜10月28日17:00(3ヶ月間)

3)10月28日17:00〜2020年1月28日17:00(3ヶ月間)

4)1月28日17:00〜4月28日17:00(3ヶ月間)

 

これで1年になります。この3ヶ月ごとに1つのことを習慣にして行きたいと思います。

ゲームだったら、1日で何個もレベルが上がるのに、人間がレベルが上がるには、3ヶ月もかかるということなのですから、気が遠くなりますが、やりたいことを実現するためなので仕方がないですね。

 

1)マインドフルネスを習慣にする

瞑想を毎日行う。3ヶ月過ぎるまでDVDでやってみる。

2)水を1リットル以上飲む

健康診断にも書かれていましたが、私は水分が足りないそうです。

3)腹8分目

食べ物を食べ過ぎてしまうと、私の体質に合わないため。

これは誰しもが当てはまることだと思いますけどね。

4)激しい運動をする

アーユルヴェーダの考え方だと、汗をかくくらいの運動が必要とのことです。

 

意志力を維持、高めるために、マインドフルネスを始めに習慣にすることが吉ではないかと思ったので、一番先にしてから、次にベースになりそうなコトから順番に3ヶ月かけて行きたいと思います。

食べるときに意識すればいいのですから、筋トレをする時は、筋トレ用の習慣、学びたいことは、学びたいコト用の習慣として設けていけばいいのだと思いますが、「こなせないなぁ」と思ったら、減らしていくか、もしくは、設定しているレベルが難しいのかもしれない可能性があるので、その時は見直しをしたいと思います(他の目標はここでは立てませんが、成功した、失敗したという報告はしたいと思います)。

 

<関連記事>

科学的に自分を見つめるセルフカウンセリング

日本はストレス社会、だからこそ長生き大国説

犯罪は、ストレス反応の”マッチ理論”によって引き起こる?

健康の最近記事

  1. 笑いで力み、その後、力が抜けてリラックス状態になるのが、笑いによるセラピー効果

  2. うつの人は失敗の原因を自分のせいにし、成功は自分の実力ではないと考える傾向

  3. 自分にはできないと思い込んでいる

  4. 夜長を楽しむアイスランド人

  5. いい思いをしたらバチが当たる神話

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 08日
  2. 2019年 5月 09日
  3. 2019年 5月 11日
  4. 2019年 5月 27日
  5. 2019年 7月 05日
    トラックバック:困った困った – Maria & Marianne
  6. 2019年 7月 06日
  7. 2019年 8月 12日
    トラックバック:瞑想の習慣 – Maria & Marianne
PAGE TOP