犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

レシチンって何?

個人的に、レクチンという存在は知っていたが、レシチンという物質もあるということを知り、レクチンに関係があるのか?ないのか?というか、レシチンって何だ?と思ったので、調べてみました。文献ではなく、ネットからかき集めました。

 

コレステロールをはじめとする脂質の代謝(たいしゃ)や、細胞膜(さいぼうまく)の生成に欠かせない物質で、脂質の一種です。
マヨネーズの材料にも使われているように、レシチンには水分と油を結びつける、強い乳化作用があります。この作用によって、余分なコレステロールを引きつけ、血管の中を掃除して、動脈硬化(どうみゃくこうか)の予防・改善に効果を発揮します。
また、血栓(けっせん)を溶かして血液の流れをスムーズにする作用をはじめ、肝臓への過剰な脂肪沈着を防いで、脂肪肝(しぼうかん)や肝硬変(かんこうへん)を予防する、脂質の代謝を促進して肥満を防止する、ビタミンAやビタミンEなどの脂溶性物質の吸収を助けるといった働きもあり、生活習慣病の予防に有効です。
さらに、神経伝達物質のアセチルコリンを生成することから、老化による記憶力の減退や認知症、アルツハイマー病の予防、学習能力の向上などにも、効果があるのではないかと期待されています。
また、老化を防止し、肌をみずみずしく保つ働きもあります。
レシチンは、ダイズやとうふなどのダイズ加工食品、卵黄(らんおう)、ピーナッツ、酵母などに多く含まれています。また、レシチンの材料となるコリンを豊富に含んだ、緑黄色野菜やレバー類を食べるのも、間接的ではありますがレシチン摂取の有効手段です。
ちなみに、単純に含有量からみた場合、レシチンをもっとも多く含む食品は卵黄です。
しかし、卵黄はコレステロールを非常に多く含むのが難点。コレステロールが気になる人は、ダイズやダイズ加工食品からの摂取を考えたほうがいいでしょう。(コトバンクより)

レシチンは、どうやら、脂質の一種で、しかも体にいいっぽいです。しかもダイズから取れとすすめられていますが、ダイズはレクチンが含まれているので、頭を抱えてしまいます。卵の黄身から摂取できるので、これでいいかもしれません。

 

また、レシチンを大量(30g/日以上)に摂取すると発汗、嘔吐、消化管異常、下痢などの副作用を生じることがあるとのことです。しかし、“健康食品”としてのレシチンの摂取目安量は100~250mg程度ですから、問題ない量といえましょう。むしろレシチンは卵黄や大豆に多量に、そして穀類や肉類に少なからず含まれています。穀類や肉・魚、卵、大豆などを食べる普通の食生活で1日に2g程度のレシチンは意識しなくとも摂取してますから、わざわざ“健康食品”としてのレシチンを摂取する必要はほとんどないように思われます。(レシチンは体によいか?より)

副作用があるのは、知っておきたいところです。

何でも不足をしてもダメだし、摂理過ぎても毒になってしまいますが、何事もほどほどがいちばんと、母親からよく聞かされていましたが、これか!と、思わず、思ってしまいました。

 

レシチンはギリシャ語で卵黄を意味する「レシトス」に由来しています。数種類あるリン脂質の総称で、ホスファチジルコリンとも呼ばれています。また、レシチンはわたしたち人間の体内に存在するリン脂質としては最も多く、約60兆個ある細胞の細胞膜を構成している成分です。学習や記憶、睡眠に深くかかわりがあります。

レシチンの特徴として、乳化作用があげられます。レシチンを構成するリン酸とコリンは親水性、グリセリンと脂肪酸は親油性であるため、水と油どちらともなじみやすい性質を持っています。この乳化作用によって、細胞内の水溶性物質と脂溶性物質を溶け合わせ、細胞内に栄養を取り入れること、細胞外に老廃物を排出することが可能となります。この性質をいかし、レシチンはケーキやアイスクリームなどといった脂肪分の多い食品の乳化剤(食品添加物)として使用されることがあります。

「レシチンは記憶力によい」という話はよく耳にしますが、レシチンは記憶をつかさどる伝達物質、アセチルコリンの材料でもあります。つまり、レシチンが欠乏していると神経伝達物質であるアセチルコリンの量が減ってしまい、情報がうまく伝達しなくなってしまいます。それが記憶力の低下につながるのです。

レシチンは原料が何であるかによって「大豆レシチン」と「卵黄レシチン」に大きく分けられます。この二つに含まれているレシチンの効果に大きな違いはありません。レシチンを含む食品は、卵や大豆製品といった日常生活で口にすることの多いものです。日ごろから少しでもレシチンの存在を意識して食事をすることで、記憶力や集中力の向上が期待できるのではないでしょうか。(脳の活性化が期待できる…レシチンより)

植物性と動物性で2種類のレシチンがあるようです。

しかも記憶力がよくなるなんて、嬉しい作用ですね。

アイスクリームや、ケーキなどの乳化剤として使用しているのであれば、それを食べればレシチンを摂取したことにはならないのだろうか?とも思ってしまいました。

 

レクチンとレシチンは、全く異なる物質で、2番目の文字が一文字違う名前で、レシチンは摂取量だけは気をつければ体によく、レクチンは取らない方がいいということが分かりました。

 

<関連記事>

味噌、醤油は善か悪か

パフォーマンスを上げる食材を求めて

腸に合わせた生活リズムにする

 

本の最近記事

  1. 自分に戻るための場所を毎日つくる

  2. 自分らしくない行動をとった人間の末路

  3. 本当の自分を抑えることは出来ない

  4. ビックファイブ診断、遺伝子検査で自分を知る

  5. 外向型でも内向型でもIQの差はないらしい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 21日
PAGE TOP