nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜」の続きになります。

木とガラス張りの作りになっているので、ガラスも資源として、キャンパスとして活用されています。雑巾で水拭きをすれば、何度もで使えるというエコな資源です。

光が差し込むので、書いたものが、影になって床に映し出されるのも、また新たな学びにも繋がります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外からの様子です。

ポスカで書いたみたいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人もガラスを利用して、保護者に対してのメッセージボードとしても活用されています。

 

自分自身が子どもの頃は、ガラスに何かを書いた経験がなく、しかも、書いてはダメというのが、暗黙のルールとして、固定概念が植え付けられていますが、そういった固定概念を壊していくということが、大人の教育として必要であると考えさせられます。

簡単に言うと、「ユーモア」が日本人には足りないということなのかもしれません。

 

<関連記事>

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜

nido guastallaの内部〜0歳児の部屋〜

レッジョ・エミリアの保育園は、建築から美にこだわって造られている(インタビュー・レポート)

「グラッサ」が、豊かな教育を生み出す

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

4件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です