nido guastallaの内部〜午睡の部屋〜

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜」の続きになります。

たぶん2歳児の午睡の部屋になります。それぞれの月齢で、午睡をするための部屋があるというのは、午睡のスイッチが入るし、いちいちコットをセットしなくてもよくなるので、大人の負担も減ります。

とにかく羨ましい環境であることは確かです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかも、プラスチックではなく、木製で作られているという可愛らしいコットです。いや、これはもうベットです。

誰のベットだか分かるように、顔写真が貼られているのが分かります。

 

午睡のお供に、ぬいぐるみが置いてあります。おそらくですが、自宅から持ってきた私物だと思われます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たぶん1歳児の午睡部屋だと思われます。

午睡の部屋には、ちょっとしたマテリアルも置いてあり、起きてしまった子が、このスペースで時間を使うのかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベビー用のベットにも、ぬいぐるみが置かれていました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午睡部屋への入り口です。

暗くなっているので、ちょっと怖いと思っている子もいるかもしれません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはたぶん3歳児の午睡部屋になります。

奥には、起きてしまった子の過ごし場所になっているようです。

ぬいぐるみの量が多くなっているのは、日本でも同じかもしれない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大人は、子どもが寝ているときに、ドキュメンテーションを作るなどの事務仕事をするため、このような環境が用意されています。

日本では、こんな環境はないと思いますが、子どものための環境と、大人のための環境もしっかりと完備されているのは、働く環境としては当然の権利であると改めて思います。

大人の休憩室が、5人くらいしか入らない場所に、当たり前のようにセッティングされていることもありますし、休憩室がないことだってあります。

子どもの環境を第一に考えることは、もちろん大前提ではありますが、大人が健全で過ごせる環境を用意することも、保育に関係してくることなので、考えなければならないポイントではないかと思います。

子どものために無理をして、母親が倒れてしまっては、土台が崩れてしまうので、母親は強くなっていくものだと思います。その母親が、保育園では、保育をする大人になり、大人がいないと成り立ちませんので、大切にしなければならないのは、まずは、大人の環境であると、声を大にして言いたいです。

 

<関連記事>

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜

nido guastallaの内部〜0歳児の部屋〜

nido guastallaの内部〜光を調整できる環境づくり〜

レッジョ・エミリアという、イタリアの「小さな町」は、日本人にとっては、大きな町であるという事実

「レミダ」という廃材マテリアル置き場

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

3件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です