犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. イタリア

nido guastallaの内部〜(たぶん)3歳児の対話の時間〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

nido guastallaの内部〜0歳児の部屋〜」からの続きになります。

タイトルには3歳児と書きましたが、たぶん3歳児だと思いますにしておきます。

 

この風景は、他の保育園にはない光景ではないかと思います。年が始まるときに、3園をまとめているペタゴジスタの方が、プロジェクトを決め(決め方は色々あるそうです「レッジョ・エミリアの保育園は、建築から美にこだわって造られている(インタビュー・レポート)」も参考にしてください)、それに沿って、一貫した活動をしていきます(していないこともあります)。

写真の様子は、大人と、数名の子どもたちで、話をしながら、物事について見つめている、考える対話の時間になります。

レッジョアプローチでは、少人数で活動することによって、刺激をし合いながら、集中して物事に取り組めるとして、各保育園で、このような取り組みが行われています。

それを記録したのがドキュメンテーションになり、それを、保護者の方、他の子どもたち、地域の人と学びを共有することによって、コミュニケーションツールとなり、また、新しい発見にもなっています。

 

モザイク1

この様子を見ると、上に貼ってある写真を見ながら、活動の内容を振り返っているのかもしれません。この保育園での今期のテーマが「表情」ということでしたので、もしかしたら、写真の表情を見て、思ったこと、感じていることをなどを話していたのかもしれません。その内容を、大人が書き留めます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、この記載した内容をドキュメンテーションにするのは、みんなが午睡している間に書いているということもインタビューで分かりました。

ここは、日本も一緒ですね。

 

保育室の環境設定の部分では、鏡があるということがありますが、白と黒というのも、レッジョアプローチでは、有名です。イタリアという国自体が、色に対してフォーカスを当てている文化なので(ファッション業界など)、色に対してのアプローチが存在しているのではないかとも思っています。

ところどころに、大人が仕掛ける環境に対して、子どもたちが気付き、どのように活動するのかということも学びですし、予想外の展開になっても、それも学びとなり、毎日が学びの連続となります。大人は、その瞬間を見逃さずに、見守り、大人も気付くことができるかというのが、どの国も課題になるのではないかと思います。

 

どこも同じだと思いますが、学びを深めていけるための大人が余裕を持てる職場環境が、最も重要ではないかとは思ってしまいます。いえ、もちろん、子どもが活動しやすい環境があってこその、学びなので、子どもを第一に考えることは最もですが、同じくらい、大人の教育環境を整えることも考えたいことであると、いつも思っていることです。

 

<関連記事>

nido guastallaの内部〜0歳児の部屋〜

nido guastallaの内部〜光を調整できる環境づくり〜

クジラ型保育園(nido guastalla)の内部〜ちょっとした空間〜

レッジョ・エミリアの保育園は、建築から美にこだわって造られている(インタビュー・レポート)

イタリアの最近記事

  1. ピッツァ・ピッツァ・ピッツァ

  2. ヴィーガン・レストラン

  3. 建築物の不思議

  4. イタリアの芸術にヌードが多い理由

  5. イタリア人の「市民」とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 06日
  2. 2019年 4月 07日
  3. 2019年 4月 08日
  4. 2019年 4月 09日
  5. 2019年 4月 10日
  6. 2019年 4月 28日
PAGE TOP