全然うまくいかない(その2)

前回、私が今やりたいと思っていることに対して、全然うまくいかなかったので、原因を洗い出し、ケリー・マクゴニガル氏の『スタンフォードの自分を変えるヨガ教室 DVD付き』からヒントをもらいながら、インプットしたことを、具体的… 続きを読む 全然うまくいかない(その2)

全然うまくいかない(その1)

「ダイエットではなく、健康的になりたい」で、健康的になるために、まず1ヶ月やってみたいことを実践しようと思ったのですが、全然うまくいきませんでした。って言ってしまえば簡単なので、どうしてうまく行かなかったのか、自分自身を… 続きを読む 全然うまくいかない(その1)

アトリエは、ある程度の広さも必要である

レッジョ・エミリアにあるクジラ型の保育園内部、アトリエを見て分かったことがあります。「nido guastallaの内部〜ガラスのキャンパス〜」の続きになります。   1歳〜2歳前半くらいの子どもが、丸いテーブ… 続きを読む アトリエは、ある程度の広さも必要である

「ありがとう」「助かった」の言葉が人を救う

前向きに人生を生きる方法的な啓発本で、1日の終わりに、「ありがとう」と思うことを書き出してみる的なことがありますが、実は、この「ありがとう」と思うことは、人が絡んでいる場合には、本人に伝える方が、お互いがハッピーになれる… 続きを読む 「ありがとう」「助かった」の言葉が人を救う

問題探しは、人権問題に発展する

アルフレッド・アドラー氏の考え中には、同感することが多いです。 人の心理は物理学とは違う。 問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。 解決法と可能性に集中すべきなのだ。 アルフレッド氏は、よく「勇気」という表現を使用しま… 続きを読む 問題探しは、人権問題に発展する

犯罪者の心も“善”である

犯罪者は0歳児の時から始まっているという事を、「ホンマでっか!?」などの番組で聞いた事があり、そこから、教育について興味を持ったのですが、子どもの姿を見ていると、大人も同じであると、個人的には思っています。  … 続きを読む 犯罪者の心も“善”である

アドラー式のしつけ方法

子どもへのしつけについては、様々な方法がありますが、アルフレッド・アドラー式のしつけの方法が100の言葉に載っていました。   罰を与えるのではない。 結末を体験させるのだ。 子どもが食事の時間になっても帰って… 続きを読む アドラー式のしつけ方法

カパタイプは野菜中心で油少なめの食生活

アーユルヴェーダを紹介してくれているサイトには、ちょっと差異があったりします。共通している部分だけを参考にしていきたいと思っています。   カパの人は食物の影響を受けにくい人です。比較的脂肪をためやすく、太りや… 続きを読む カパタイプは野菜中心で油少なめの食生活

自分に合う香りとは?

アーユルヴェーダについて調べている(本ではなくサイトのみですが)と、アロマについても効果的な種類があるということが分かりました。 アーユルヴェーダ的な考えになりますので、正解か不正解という観点ではありません。この考えを試… 続きを読む 自分に合う香りとは?

スパイスの知識〜ターメリック〜

アーユルヴェーダの知識がゼロなのですが、私のタイプはカパになるそうで、そこから、塩分を控えなければならないということが分かりました。 その代わりに、スパイスを摂取することがすすめられています。 そういえば、スパイスと言わ… 続きを読む スパイスの知識〜ターメリック〜