犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

フィンランドのネウボラについて⑤

IMG_2875

ネウボラシリーズ⑤では、核心を突く内容となっています。

フィンランドでは、このネウボラの制度は、当たり前のサービスとして定着をしているそうで、なんとも羨ましい話です。

 

乳幼児の心身の発達は、どうしても、その子に関わる環境によって決まってきます。

母親はもちろんですが、家族関係のコンディションによっても、大きく影響を受けますので、その時、この時期に、どのように働きかければよいのかということも、ネウボラでは教わることができるのだそうで、是非とも、教えて欲しいと思ってしまいます。

子どもの幸せは、家族、周辺の関係性に大きく関わるということで、ネウボラでは、子どもにとって、重要なことを、母親だけではなく、家族全員を対象にして、総合健診が行われるそうです。

 

総合健診では、以下の内容が確認され、総合的に診断されます。

・子どもの健康と、家族全体の状態についての親の思い

・自分の健康と家族全体の状態についての子の思い

・親の健康と家族全体についての保健師と医師の所見

・子どもの健康と家族全体についての保健師と医師の所見

・保育園、学校での子どもの様子についての教員の意見

 

日本では、これをやってくれるのは誰もいないような気がします。

総合的に考えるのは、子どもの両親であったり、祖父母ではないだろうか。しかもしれが、考えが偏っていて、専門的な知識がない状態となることもあり、結果的に、子どもの幸せとはほど遠くなってしまう。

 

私の言葉は、子どもの幸せばかりを言ってしまっているが、理想は、家族みんなが幸せであることである。

ネウボラの素晴らしいところは、家族の幸福度も、総合的に評価をしてくれるということである。その評価によって、これからのフォローアップや、ニーズに応じたアドバイスを行なっていくので、的確性があります。

また、発達的な問題があるのではないかと診断、相談があった場合には、特別なサポートのための個別の支援計画を作成していくのだそうです。

 

家族だけではなく、学校との連携、保健師との連携もするので、子どもを中心として、家庭の問題も明るみに出てくるとも思われます。その問題に対しても、子どもを通してスムーズに解決に導いてくれるという窓口であり、総合的にケアをしてくれるのが、ネウボラという機関ということです。

犯罪抑止という面でも、ありがたい機関であると改めて思います。家族が幸せであれば、犯罪が起きる率がかなり減るという持論があるので、DVや、マルトリートメントについても、家庭内の問題と、軽視することができなくなっている現状があるので、この問題に入り込めるのは、警察ではなく、ネウボラなのです。

 

▼関連記事

フィンランドのネウボラについて①

フィンランドのネウボラについて②

フィンランドのネウボラについて③

フィンランドのネウボラについて④

フィンランド式、子育てルール

 

 

本の最近記事

  1. 顧客満足度100%を目指す

  2. 恩を返したくなるメカニズム

  3. サービス、商品の値段の決め方

  4. 同じ商品でも店舗によって違って見える

  5. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 3月 09日
PAGE TOP