犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 教育

フィンランドのネウボラについて④

img_2445

シリーズネウボラの④になります。

 

ネウボラの凄さを、お伝えしていますが、まだ伝えきれていないので、続いています。

ネウボラは機関なのですが、このネウボラは、家庭訪問もあるというのですから驚きです。このネウボラの担当者は、いろいろなことをしなければならないので、忙しいし、間違った知識も持てないですし、また、精神が安定していないと、お話も聞くことができません。大変なお仕事であるということは確かです。

 

また、この家庭訪問は、1度だけではなく、何度も節目にあるのだそうです。家庭での環境を確認することで、普段、どのように過ごしているのかということが、話だけではなく、暮らしからも知ることができるということになります。

ここから、トータル的に診断ができ、より密な子育て支援をすることができるということで、担当者には、本当に頭が上がりません。

 

子どもの成長に対して、寄り添ってくれるのが、ネウボラの方なので、子どもの発達状況に合わせて、支援をしてくれます。言葉が遅かったり、発達的に問題がないかなど、ずっと見守ってくれているからこそ、信頼関係があるからこそ、言い難いことでも、子どものためにできることとして、的確な支援をしてくれるのです。

 

親にとってもストレスとなりますが、それが過度にならないようにすることや、子どもにとって、最善の行動を早期のうちからレクチャーをしてくれるため、むしろありがたいことではないかと、個人的には思います。

 

日本では、保育園で、もしかしたらそうかもしれないと思われる子に対して、専門家に来てもらい、診断を1日でしてもらうという状態です。1日の活動を見ただけで判断されても、ずっと見てきた保育者としては、居た堪れない気持ちになることがしばしばあります。

ネウボラであれば、担当者がいて、いつもの様子も分かり、成長段階も把握しているため、専門家へのアクセスがスムーズで的確になるということになります。

 

親としては、認めたくないものですが、子どものためを思ったら、子どもが生きやすいように環境を作る、用意することが親の務めになります。

それを、早期に、そして、信頼しているネウボラの担当者から指南してくれるのですから、そんなに心強いことはありません。

 

▼参考記事

フィンランドのネウボラについて③

フィンランドのネウボラについて②

フィンランドのネウボラについて①

 

 

 

教育の最近記事

  1. すべての人に学びの機会を

  2. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

  3. 子ども部屋って必要?

  4. 叱る、怒るは、相手を見下し、話合うことを放棄した行動である

  5. ブレーキをかけすぎることで、可能性にブレーキをかけている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 23日
  2. 2019年 2月 23日
  3. 2019年 2月 23日
  4. 2019年 2月 24日
  5. 2019年 3月 09日
PAGE TOP