犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 教育

絶対に何とかできた命は、みんなで救えないかSOSを出して欲しい

IMG_2692

平成31年2月5日(火)の日経新聞に、千葉県で起こってしまった、父親による虐待によって女児が亡くなってしまった件について「[社説]女児の死が問う教委の無責任 」「千葉の死亡女児「母は味方」 児相「夫に依存傾向」 「暴行止められず反省」供述」の2件、掲載されていたので、ご紹介します。※情報が更新されていると思うので、古い内容となる事をお許し下さい。

この事件を聞いた時には、父子家族なのか?と思っていたが、母親はいて、母親に対してDVをはたらいていたのだそうです(容疑者は父、母となっている)。そういった背景があり、女児は児童相談所に一時保護されている時もあったそうです。

その間には、複数回両親と面談があり、その際に、確実なDVがあると判断ができなかったということが事実としてあるが、その他には、母親が、父親に対して依存がとても強いということが発覚していたそうです。

女児にとっては、母は味方であり、いなくなってしまうと、DVが自身に来ると分かっていたのだそうだ。そこでSOSを学校のアンケートで行なったのだが、そのアンケートが父親に筒抜けになっていたのだそうだ。

このアンケートを行なった教育員会の担当が、父親の威圧的な態度で開示を迫ったことで、内容が父親に知られてしまったという状態なんだそうです。担当は、父親に対して、恐怖を感じてしまい言う通りにしてしまったのだとか。

教育委員会のコンプライアンス管理が、ずさんであることは理解できたが、こういったアンケートをしているということも、父親が知っていたと言うのも、不思議です。もしかしたら、アンケートの後に、女児に対して、ヒアリングをしているともテレビのニュースで聞いたので、放課後、帰りが遅くなったことで、父親が不審に思い、女児に問い詰めたところ、アンケートについてのヒアリングであると知り、そこで、こういった行動になったのかもしれない。

そして、一時保護されている間、父親の差し金で、女児が家に帰らせて欲しいという手紙を書いて、父親に渡したということも分かっているというのが、6日の朝のニュースで聞いた。

児童相談所の人は、その手紙は嘘であるということを察していたそうだが、一緒にいたいというのは、本心であると思ったということで、引き離したのだそうです。

その後の調査で、もう少し詳しい内容が分かるかもしれないが、この父親に、大人みんながいたとしても、屈してしまっていたということになる。

恐怖とは、殺されてしまうと思ってしまったのだろうか。脅迫の罪として、警察に言うとしても、何か言われてしまったのかもしれません。

この父親は、女児と、母親を支配していた。したかった。支配ができなくなったら、暴力を持って、行い、結果殺してしまっていたのかもしれない。

 

児童相談所の人は、こういった局面にいつも立たされ、間違えたら人が死んでしまうという責任を背負っている。何が正解で、間違いなのかなんて、誰も分からず、事が起きてしまったら、バッシングに会ってしまうという、大変辛い立場の職場であるという事も、察する事ができる。

 

判断が難しいですが、家庭に戻しても大丈夫という事を、どこで判断したのか、また本人にもおそらく、聞いたのだとは思うが、いったい何があって、手放す事になってしまったのだろうか。

アザの確認はしていたと思うが、ご飯は食べているし、死んでしまう程ではないと、そういう感じなのだろうか。

 

自分自身も、その職業で、その立場に立ったら、同じ判断を下していたのだろうか。

ひとつ思うのは、大切なのは、ことが起きてからではなく、普段から、その人がどんな人なのかを知っておくことかもしれません。きっかけとしては、子どもが大きくなるまで、継続的なケアを家族単位で行うなど、今のままでは、こういった子どもを守ってあげることができない。

形式だけの仕事をしているだけと言うことが、見て伺えるが、今まで、この形式だけでも、救ってこれた命もあると思います。

もしかしたら、もう隔離できる場所がなかったからとか、そういったこともあるかもしれない。何か絶対に問題があるので、その問題から目を背けずに、真摯に向き合うべきである。また、機関だけのせいではなく、機関からもSOSをあげてもらえないかと願う。

問題が発生しているが、どうすることもできないと。命が救えるなら、地域で守ることはできないかと、考えることもできる。連れ去られてしまう可能性もあるので、警察の方に守ってもらうことも考えたい。

絶対に何とかできる命だったはずなのは、間違いありません。責任を背負えないのであれば、他の力を借りるなど、声をあげて欲しいと切に思っています。

 

▼関連記事

子どもは子ども、親は親

家族にこそプライバシー保護運動を

教育は、学校と家庭の共同作業

 

教育の最近記事

  1. すべての人に学びの機会を

  2. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

  3. 子ども部屋って必要?

  4. 叱る、怒るは、相手を見下し、話合うことを放棄した行動である

  5. ブレーキをかけすぎることで、可能性にブレーキをかけている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 2月 13日
  2. 2019年 3月 04日
PAGE TOP