犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

殺人者は、ヒーロー的存在!?

IMG_2421

写真:新都心

1981年にパリでオランダ人女子学生を殺害し、

強姦後にその肉を食べた日本人学生の佐川一政である。

彼は、精神異常と診断され、日本に送りかえされたあと、

まもなく解放された。

その後、彼は英雄とはいわないまでも、

マスメディアによってまつりあげられ、

何冊もの本を書き、

公衆の前に姿を見せたばかりか、

ついにはアダルトビデオにまで出演したのである。

 

犯罪者は、誰にとっても、プラスな存在ではなく、マイナスな存在となりますが、サスペンスやら、ホラー映画など、恐怖を与えることが、平凡な日常を過ごしている人々にとっては、快感になることがあります。

もちろん、すべての人に当てはまるワケではありませんが、ホラー映画は、一部の人から熱狂的な支持を得ているのは事実である。

 

個人的には、ストレスが溜まって溜まって仕方がないときに、ホラー映画を見て、ストレス発散になる方もいると思います。

あまりにも、精神的に病んでいるときに見てしまうと、冷静な判断ができなくなり、ホラー独特のドキドキが、アドレナリンを上昇させて、行動に勇気を与えてしまうことだってあるのかもしれません。

プラスにもなり、マイナスにも働いてしまうように、個人的には思います。

 

殺人者の特徴の一つである、本能のままに行動を起こすという面を考えると、日常生活の中には、本能のままにいられないことの方が多い一般人にとっては、殺人者のように、本能のままに生きることは、ある意味ヒーロー的な存在となっているのではないかと思われる。

 

芸人さんである、渡辺直美さんは、食べたいときに、食べたいだけ、食べたいものを食べているというスタイルで、体もワガママボディとなっているにも関わらず、支持を得ているのは、この本能に関係があるのかもしれないと、共通点があるのかもしれない。

マツコデラックスさんも、この共通点があるのかもしれない(お2人の人気は、本能のままだけではなく、謙虚な姿勢があるので、誰からも支持を得ていると思っている)。

 

いつしか、このホラー、殺人者は、脚光を浴びる存在となり(手口が変わっている、残虐であればあるほど)、それが、映画や、小説となっているほどなので、ショーのようになり、エンターテイメント化していっているという、悲しい現実がある。

このエンターテイメント化は、被害者のことなんて、何も考えられていないとしか思えない。被害者の数は少ないとはいえ、もし、自身が被害者になったら、ホラー映画も、サスペンスなんかも、もう二度と楽しめず、見ることもできないのではないかと思ってしまいます。

 

殺人者は、ヒーロー的な存在として、一部の人々に勇気を与えているということを、認めなければならないのか。

個人的には、殺人者の存在を知ることによって(公には、情報は公開されないので、真実は警察にしか分からない状態なのも、問題であると思っている。多くは、映画になることで知るのではないだろうか、または、ドキュメンタリーの書物として発売されることもある)、こんな殺人者と同じ道を辿らないようにという、反面教師的な学びになり、その殺人者の悲しさ、人生などを受け止めることによって、殺人者そのものの存在を理解することで、殺人者の方が、報われるのではないかとも、個人的には思っている。

本当に殺人者が、100%悪なのか?というのは、絶対には言えない。

だが、社会のルールに我慢できず、行動したことが、法に反していただけということではないかと思う。同じ人であり、誰もが、犯罪をしてしまう可能性があるのだから、差別するのは、間違いであると主張したい。

 

註:『殺人の歴史 (「知の再発見」双書154)』ベルナール・ウダン 創元社 2012-03-08

本の最近記事

  1. 自分に戻るための場所を毎日つくる

  2. 自分らしくない行動をとった人間の末路

  3. 本当の自分を抑えることは出来ない

  4. ビックファイブ診断、遺伝子検査で自分を知る

  5. 外向型でも内向型でもIQの差はないらしい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 8月 14日
PAGE TOP