犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. 心理学

何のために、いま、勉強しているのか

IMG_2327

写真:乃木坂

小学校、中学校と、誰もが皆、疑問に思ったことがある問題ではないでしょうか。

「どうして、こんな勉強しなきゃならないのか?」と。

 

こんな自分にしたのは、こんなに世の中がつまらない、何もかも上手くいかないのは、学校のせいだ!親のせいだ!

これも、誰もが思ったことがある感情ではないでしょうか?

 

犯罪の学問でも、非行の原因の多くは、親、環境の影響が大きいとされています。

それは事実である。

 

そうかもしれないが、

子どもが、社会、自分の親を否定している限り、一生、自立することはできないと、個人的には思います。

 

どんなにヒドい親であろうと、親であることは間違いありません。

自分の親を否定しているということは、その親から産まれた自分自身を、否定しているということにもなるのです。

 

親も人間ですから、過ちや、間違いだって犯します。

 

その親を許せたときに、やっと自立することができると思っています。

親や、社会は、最悪だと思っても、そんな中で、自分はどうすればいいのかを考える術を与えてくれるのが、勉学ではないだろうか。

 

何で勉強するのか?の答えは、人それぞれなので、この意見は、ただ1人の勝手な意見です。

 

世の中には、誰も悪い人はいないと個人的には思っています。

それぞれの価値観で、それぞれ必死で生きており、それぞれの正義を貫いているのが、この世界なのです。

許すということは、現実を受け入れるということにもなります。

 

受け入れたときに、どうすれば、親や、この社会が、幸せになれるのか、ということを冷静に考えることができます。

それを実行することで、本当の幸せが訪れると、私は思っています。

 

IMG_2328

1人1人、価値観が違って当たり前なのです。

その価値観を受け入れることが、平和への第一歩だと思っています。

心理学の最近記事

  1. 子ども部屋があることで、引きこもりになる?

  2. 子ども部屋って必要?

  3. 人は信頼できるかを目で確認したい

  4. 叱る、怒るは、相手を見下し、話合うことを放棄した行動である

  5. ブレーキをかけすぎることで、可能性にブレーキをかけている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 11月 26日
PAGE TOP