教育とは、人を信じることである

写真:乃木坂 教育者に聞いたら、どんな答えが返ってくるのか、是非とも聞いてみたいところです。 ひとつの意見として、少年院での理念をご紹介します。   生活リズムを正しく矯正していくことで、少年の心までも矯正する… 続きを読む 教育とは、人を信じることである

オレオレ・振込詐欺だけでなく、出会い系サイト抑止への呼びかけも大事

写真:品川にあるトイレ 女子が犯してしまう犯罪の中には、援助交際がひとつある。   その援助交際の相手は、出会い系サイトで、探して、会う約束をすることで始まる。 出会い系サイトに登録をして、会話を楽しむ。それだ… 続きを読む オレオレ・振込詐欺だけでなく、出会い系サイト抑止への呼びかけも大事

父という、たいせつな存在

写真:乃木坂 今までは、母親が重要であると、これでもかと、説明してきましたが、父親も、重要な存在であるということが分かっています。   統制不完全(社会のルールに対して従えない、まとまりが不完全である様)な、問… 続きを読む 父という、たいせつな存在

何のために、いま、勉強しているのか

写真:乃木坂 小学校、中学校と、誰もが皆、疑問に思ったことがある問題ではないでしょうか。 「どうして、こんな勉強しなきゃならないのか?」と。   こんな自分にしたのは、こんなに世の中がつまらない、何もかも上手く… 続きを読む 何のために、いま、勉強しているのか

ファッションは、自ら表現する作品・言葉である

写真:江古田のとあるカフェ内 衣食住の中に含まれる、衣(ファッション)は、生きていく上では、大事な要素となります。このファッションは、ご自身という存在の全てが、表現されるツールとなります。 要するに、逆を言うと、今着てい… 続きを読む ファッションは、自ら表現する作品・言葉である

子どもは、親の所有物ではない。

  写真:江古田で行方不明 国連子どもの権利条約が、1989年に批准した翌年に、この内容の理念に基づいて「少年非行予防のための国連ガイドライン(リヤドガイドライン)」を発表しました。   このガイドラ… 続きを読む 子どもは、親の所有物ではない。

烙印(らくいん)を押された人の行く末を考える

写真:表参道にある、どこかの窓 たびたび、この烙印(ラベリング)について、触れてきましたが、少年院関係での著書にも、この件が載っていたので、ご紹介します。   少年非行防止のための国連ガイドライン(リヤドガイド… 続きを読む 烙印(らくいん)を押された人の行く末を考える

できる範囲で手助けすることが、人間関係形成のコツ

  写真:西葛西にやって来た桃屋さん 凶悪な犯罪をニュースなどで見かけると、 「我が子が、もし、そうなってしまったらどうしよう」 と、思う親御さんも多いのではないでしょうか。   我が子が、非行に走ら… 続きを読む できる範囲で手助けすることが、人間関係形成のコツ

誰も、わたしを、理解してくれない

写真:江古田商店街の朝   著書『少年法・少年犯罪をどう見たらいいのか―「改正」、厳罰化は犯罪を抑止しない』では、弁護士の証言が書かれています。 依頼人の情報は極秘となっていますが、名前を出さずに、紹介してくれ… 続きを読む 誰も、わたしを、理解してくれない

鑑別面接の方法を、教育者も行うべきである

写真:新宿伊勢丹前の交差点   少年鑑別所では、面接が行われるそうです。 面接の内容は、非行を行った少年たちは、自分自身の思っている気持ちであったり、抱いている感情を言語化することが苦手であり、さらに、考えるよ… 続きを読む 鑑別面接の方法を、教育者も行うべきである