ウサギの正しい飼い方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本では、うさぎと言えば、小学校での飼育だったり、うさぎばっかりが居るという島なんてのもあるらしいですが、イタリアのレッジョ・エミリアでは、普通の公園にうさぎが飼育されています。

 

しかも、囲いがあるわけでもなく、放し飼いになっているんです。

 

まさに共存しているような感覚になります。

 

不思議と、囲いにいないだけで、「そっとしておいてあげたい」「愛おしい」という感情が、囲いがないだけで込み上げてくるので、不思議です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなに、自然体で うさぎ がいるんです。

 

近寄ると、小屋の下に潜って行きます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここが住処です。

 

公園は、お年寄りから、子どもまで、様々な年齢の人たちの憩いの場所となっており、人がいっぱいいる時間は、うさぎは出てこないのですが、ガラガラの状態は、自由に遊びまわっているようです。

たまたま見ることができ、地元の人でも、居るらしいけど、見たことはないという人もいるので、ラッキーでした。

 

動いているうさぎを残しておきたいと思い、動画も撮りました。

 

野生の動物をまじかに感じることは、自身が動物であるということも感じることができ、共存することによって、生命を大切にする気持ちも、自然と芽生えることができるのではないかと、個人的には思います。

 

イタリア

レッジョ・エミリア

作成者: Tangoo

どうして人は罪を犯してしまうのか、その原因を知るために、本を読んだり、旅に出て、見たり聞いたり、人に合ったりしています。そこで、学んだこと、知ったことをブログにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です