犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

自我が目覚めることで、精神が不安に襲われる原因にもなる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宗教について、考える機会は、ありますでしょうか。

 

日本人は、私も含め「無宗教」とされている方が、多いのが現状ではないでしょうか。

実際には、仏教が根強く文化に残っていたり、クリスマスにはケーキを食べるなど、たまにキリスト教が入ってきたり、日本は、経済を回すために、都合よく宗教の習慣を取り入れているようにも思えます。

それが、悪いと言っているワケではなく、これが、日本の特質であると思っております。

 

宗教は、歴史であり、人々の心の支えとして、神秘的な存在でいてくれているということも、また、確かなのです。

 

宗教に入っているということで、差別的に見られてしまうというのは、日本人特有なのかもしれません。

海外では、宗教の神を巡って、戦争が起きてしまったり、お国柄もあったりしますが、宗教と共に国が成り立ち、歴史ができているのですから、人類史でもあり、グローバル化していく日本にとっては、宗教の理解は、必要な要素となってきます。

 

無宗教の方でも、どうしようもなく、藁をもすがりたいほど、助けてほしいとき、精神的に、支えが欲しい時など、神の存在を都合よく利用することもあります。

 

形式的には、カトリック、クリスチャンの外国人の方でも、以前ほど、厳格さはなくなってきている傾向にあり、宗教からの束縛から解放され、この結果、人々は自我に目覚めることに繋がってきたのだそうです。

良いか悪いかではなく、このことによって、人々の心は、不安にも襲われるようになったのだそうです。

 

宗教は、心の支えであり、道しるべ、精神安定としての役割もあり、人間としての存在を、教えてくれる存在であったというワケなのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本人が、自殺者が多い理由の要因のひとつとして、無宗教であるということも、考えられるのではないかと、個人的には思ってしまいました。

 

キリスト教では、自殺をすると地獄に落ちると言われており、それは、小さい頃から知っていることなので、何があろうと、自殺をするという選択肢にはならないのかもしれません。

また、ミサに行ったり、懺悔をしたりして、心をリセットしたり、悔い改めることによって、生きる活力になっているのかもしれません。

 

日本では、懺悔することは、醜いことであったり、墓まで持っていくなど、そんな文化があり、許すなんて考えすらないのですから、抱えていく一方で、抱えきれなくなったら、自殺というような状態なのかもしれません。

 

今でも自殺は、美徳と思っている人は、現在ではいないと思いますが、自殺をすることで、どうなってしまうのか、残される人の身になった場合には、むしろ残酷な時間しか残らないのです。

もしかしたら、この残酷な時間が「地獄に落ちる」ということなのかもしれませんね。

 

 

『図解雑学 殺人犯罪学』 東京工業大学教授 影山任佐

 

本の最近記事

  1. 被害を受けて加害者になった受刑者の声

  2. 再犯を繰り返す人は罪の意識が深まらない性質がある

  3. 成人の裁判所には、更生に向けての対応が必要であるかどうかを考えてくれる人がいない

  4. 世界で最も幸せな国のひとつ(だった)ブータンの価値観

  5. マネーゲームから抜け出す方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 5月 23日
  2. 2019年 6月 28日
    トラックバック:幸福の考え方 – Maria & Marianne
PAGE TOP