犯罪心理学・社会心理学・教育・文化・インテリア・ビジネス

  1. イタリア

外観を守るイタリアの自動販売機

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イタリアは外観を美しく保つために、美しくないものは置かないのですが、街を歩いていると、教会よりは少ないのですが、「Free Shop」という場所が、ところどころに、設置されています。

いくつもの自動販売機が並んでいる場所になります。外観を乱さないために、外には置いておらず、内側に設置しているというワケではないかと思います。

 

中に入ると、壁に自動販売機で、囲まれているような部屋になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっとした、おやつなんかも置いてあり、日本でもこういったタイプの自動販売機はあると思いますが、イタリアでは、いつも何かを食べているような光景を目にします。

それも、年齢関係なくです。お年寄りだって、おやつを食べているんです。もしかしたら、目に入ったら食べたくなって、購入しているのかもしれませんが。

元気といえば、元気なのでしょうか、激甘が多いので、血糖値が上がりまくって(そして、急激に下がってしまう)いるのではないかと思ってしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の方には、ゴムや、絆創膏なんかも置いてあります。これは、海外ならではなのかもしれませんね。コンビニなんてないので、もしかしたら、自動販売機の方が、買いやすいのかもしれないという話はあるかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いくつか自動販売機があり、こちらには、サンドウィッチなどの軽食なんかも売っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、別の販売機では、飲み物が売られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本にも、紙コップで出てくる、緑茶や、コーヒーが飲めるちょっと割安の自販機があったりしますが、イタリアでは、エスプレッソが飲める自販機があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

購入するために、両替機も設置してあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、ゴミ箱も自販機とデザインが統一されているモノが設置してあります。

こことは別の場所にある「Free Shop」では、喫煙所も一緒に設置されていたりと、面積によって、サービスの内容も異なっているように思えます。

 

日本では、自動販売機がいたるところに設置されていますが、住所が書いてあったりと、いろいろと役目もあると聞いたことがあります。

外観を損ねてはいけないということで、設置には工夫されているということが、見て取ることができました。

 

イタリアの最近記事

  1. ピッツァ・ピッツァ・ピッツァ

  2. ヴィーガン・レストラン

  3. 建築物の不思議

  4. イタリアの芸術にヌードが多い理由

  5. イタリア人の「市民」とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP